陸王 第3話に出演しました!wwww

TBSの日曜劇場『 陸 王 』の第3話にうちの息子が出演しました。

大学の陸上部にエキストラでの出演依頼があったそうで、息子は実業団

の選手役で出てきた。との連絡をもらっていたので、楽しみにしていた

のですが。。。

竹内涼真(黄色矢印)君と同じフレームの中で、ピンボケ(オレンジ矢印)

で1秒間映ってました(笑)

それはさておき。。。

このドラマなかなか面白いです。あらすじはこんな感じです。(陸王HPより

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える

四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。

これまで培った足袋製造の技術を生かして、“裸足感覚”を追求したランニング

シューズの開発はできないだろうか?

世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足——。

従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで

一世一代の大勝負に打って出る!

 

奇跡の野草 明日葉

先日、農業新聞に“奇跡の野草 明日葉”という書籍の広告が載っていました。

明日葉”って。。。。聞いたことある名前だけど。

その草が“奇跡の草”という言葉に惹かれて、その書籍を取り寄せました。

明日葉は、発育が速く、摘んだ翌日には新しい葉が出るというのが、この名前の由来だそうです。伊豆七島では生命力が強い野菜として知られています。古文書には飢饉の際に、住民が明日葉で飢えをしのいだという記述があるそうで、次のような言い伝えがあります。

〇二日酔いに効く

〇化膿止めに効く

〇虫刺され、かぶれに効く

〇疱瘡にいい

精力がつく

〇胃腸が丈夫になる

〇ガンにならない

〇乳の出がよくなる

など。

明日葉を世に出したのは医師であった後藤迅幟氏です。後藤氏は精力剤の原料と

なるマムシを求めて八丈島に渡り、旅館で出された明日葉に精力剤的な効果が

あること教えられ、これを原料として「あしたば茶」をつくりました。

明日葉は驚くほど多種多様な有効成分を含んでいます。中でも明日葉特有の成分が

ポリフェノールの一種である“カルコン”で、抗菌、抗潰瘍、抗エイズウィルス作用

抗ガン作用があることが分かっています。

その他近年、大学や民間の研究所で新たな有効成分が解明されています。

本を読んでいくうちに、どうしても自分で栽培してみたくなり、大きな苗

を10株ほど入手しました。

早速、菜園に定植しました。新芽が出てきたらサラダや野菜炒めで食べて

みようと思います。

モリモリ元気になっちゃったらどうしましよう(笑)

 

 

農具を買いました。

先日、農具を買いました。

これで~す❤

鍬で~す!

刃床部の形がちょっと変わっているし、少し爪が長いようです。

おっと!この柄の短さ何なのでしょう?

普通の畑で土を掘り返すのには、この柄の長さでは使えませんね。

実はこれ、レンコンを掘るのに使う専用の鍬なんです。

こんなもの使わなくても手を泥の中に突っ込んでまさぐれば

簡単に採れると思っていたのですが、全然どこにあるのか

わかりませんでした(涙)

仕方なく高価なこのレンコン鍬を購入した次第です。

さぁ、みかんとキウイの収穫が一息ついたら、いよいよレンコン堀りで~す❤

泥だらけになりそうですが、初めてなのでワクワクします。

 

大三島で国体の自転車ロードレースが開催されました!

現在、第72回国民体育大会が愛媛県で開催されています。沢山ある競技の中で、自転車のロードレースの会場が、なんとここ大三島でした。

コースは大三島をぐるっと囲む起伏の激しい県道を閉鎖して行われました。レースはこの周回コースを3周(121.2km)することで競われました。

地元の人が畑に行くとか、買い物に行くとかで使用する生活道路を、朝8時から午後1時までの間、レースの進行状況によって、道路を閉鎖したり、開放したりする必要がありました。ただこの開閉が簡単ではありません。コースに接続する道は沢山あります。

万が一、レース中にどこかのわき道から車が侵入して、自転車と事故でも起こしたら大ごとです。

そこで、コースに接続する道路すべてに交通立哨するボランティアが必要となり、おいらも“立哨員”を仰せつかりました。

大体、平日にボランティアできる人は、定年を迎えた高齢者か時間が自由になる農家ぐらいしか、おりませんよね。

立哨員には、専用の帽子やチョッキが支給されました。ミズノ製です!

立哨に使う小物を入れる袋は、今治タオル製でみきゃんが描かれています。めちゃかわいいでしょ?

レースは予定通り始まりました。僕の立哨場所は峠を下ったところだったので、ものすごいスピードで駆け下りてきます。

地元のおばちゃんたちも応援してました。

レースは、昨年プレ大会を行っていることもあり、大きな混乱もなく無事終了しました。大きなイベントを実施するのは本当に大変なことなのですね。

関係者の皆様お疲れさまでした!

 

これから、島のあちこちの畑で黄緑色の立哨員姿で作業する人が沢山見られると思います。オイラもチョッキと帽子、作業着として早速使わせていただきます。(笑)

幻の果実 “ポポー” を食べてみました。

先日観た映画『人生フルーツ』の影響か、畑でもっといろんな種類のフルーツを育てたくなりました。

あれやこれや栽培したい果物の候補があるのですが。。。。。。

その中で、昔からとても興味があったのが、幻の果物 “ポポー” なのです。苗木が高くて一本5000円くらいするのです。さすがにどんな味なのか味見せずに苗木を購入するのはリスクが高いので、ポポーの実を実際に食べてみることにし、ネットで購入しました。

ようやく届いたポポーの果実がこれです。届いた時は、きれいな緑色の果皮だったのですが、2日くらい冷蔵庫に入れていたら茶色く変色していました。あまり日持ちしないようです。

3個で250グラムとかなり小振りです。これでお値段1400円❗😱 さらにクール便の送料を加えると、2500円❗でした。😨

送料を含めると。。。なんと1個800円以上です。

なんという高級果物なのでしょう!こんな高い果物もう二度と買えません(笑)

表皮を剥いて輪切りにしたのが下の写真です。真ん中の黒いのは種です。

味はよく“森のカスタードクリーム”と言われたり、マンゴーとバナナとパイナップルを足したような味だと言われたりしているのですが、まさしくその様な濃厚な南国フルーツの味でした。甘くてとっても美味しかったです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

何本か取り寄せて来春には栽培を始めようと思いま~す(^^♪