映画を観てきました。

本日は、うちの奥さんと松山に映画を観に行って来ました。

二人の桃源郷”と“人生フルーツ”の2本です。

両作とも、こんな風に“”に携わりながら夫婦で歳を重ねて、人生を終わりたいと強く感じた映画でした。

お近くで上映会がありましたら是非観てください!!!!おススメします。

以下、両作の公式HPからストーリーと予告編をご覧ください。

「山」で暮らす夫婦と、支える家族
誰もが自分や家族に重ねずにはいられない、
25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。

山口県岩国市美和町の山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。二人が、電気も電話も水道も通っていないこの山で暮らすのには、ある理由がありました。山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で切り開いた大切な場所。高度経済成長期に大阪へ移住し、三人の子供たちを育て上げた寅夫さんとフサコさんでしたが、夫婦で還暦を過ぎた時、「残りの人生は夫婦で、あの山で過ごそう」と、思い出の山に戻り、第二の人生を生きる道を選んだのでした。

畑でとれる季節の野菜、湧き水で沸かした風呂、窯で炊くご飯…かけがえのない二人の時間に、やがて「老い」が静かに訪れます。山のふもとの老人ホームに生活の拠点を移した後も、山のことが心から離れない二人。離れて暮らす家族の葛藤と模索。そして夫婦亡き後、残された家族に〈芽生えた〉ものとは――?そこには、現代における“幸せの形”のヒントがありました。

 

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります

 

日本の篤農家 須賀一男さん(1)

 

農水省のHPに日本の篤農家を紹介するページがあるのですが、第10回に

紹介されている“須賀一男”さんは、知る人ぞ知る人なんです。

本日はそのHPの記事をご覧ください。

群馬県との県境にほど近い埼玉県上里町、国定忠治ゆかりの赤城山から吹き下ろす寒風にさらされた白菜畑に、須賀一男さん・利治さん親子の姿があった。自然農法によって栽培された冬野菜の収穫に忙しく、休む暇もない毎日だ。

昭和8年生まれの一男さんは江戸時代から続く農家の8代目。幼い頃から病気がちで、体はあまり強いほうではなかったという。高校卒業後に就農したが、農作業は身にこたえた。

当時、須賀さんの家では養蚕と米麦栽培を行っていたが、医者にかかっても思わしくない体調は、結局なにが原因か分からずじまい。さまざまな健康法を試すうちに、食物が健康に与える影響の大きさを知り、「医食同源」「身土不二」に基づいた自然農法に取り組むことを決心したのである。

9代目を継いでいる長男・利治さんが生まれた昭和32年、本格的に農薬や化学肥料を使わない栽培を開始。「健康は食べ物で培われる。この子には滋味豊かな野菜を食べさせたい」と強く思った。

当時、自然農法の技術的な指南書もなく、失敗の連続。周囲からも奇異な目で見られる辛い日々が続いた。ある年、手付かずの状態でも生育を続けている竹にふと思いが及び、裏の竹やぶを開墾したことで、作物にとっていかに土の力が重要であるか実感した。

「植物が朽ちてバクテリアや土壌生物によって分解された自然の土には力があります。そういった自然の土の養分があれば、作物は健康に育つはずです」と一男さん。

利治さんは東京農業大学で学び、自然農法の研究に励んだ。頼もしい後継者を得て、栽培品種を増やしていった。

農薬はもちろん化学肥料も除草剤も一切使わず、土手の雑草を主体に発酵させた植物性の自家製堆肥のみで栽培している。

「肥料効果を狙っているわけではありません。作物の根を張らせ、土壌生物の働きによって土の力を引き出すことが目的です。あくまでも自然の仕組みを利用しているのです」と利治さんは語る。

失敗の中で積み重ねてきた経験から、虫がつく時期を外して苗を植えることを学び、それぞれの畑の土壌に合った作物を季節ごとに連作している。どの畑でも連作障害は起きていない。

一男さんは佐渡島で人工的に繁殖されたトキが放鳥される前に、島に呼ばれている。カエルや小魚、昆虫など、水田にいる小動物をエサとするトキが、佐渡島に居つく環境を作るために、自然農法の田畑作りを教えてほしいと乞われたのであった。

須賀さん親子が大切にしているのは、四季折々の新鮮な野菜を消費者に届けることである。6haの農地のうち2haで30~40品種の野菜を栽培している。多品種を栽培することで、どの季節にも旬の野菜を届けることができるのだ。

契約しているレストランや一般消費者に常時7~8品種を詰め合わせて宅配を中心に販売。「食べた方の感想をじかに聞けることは勉強になり、ありがたい」という。

健康の源となる「食の力」を体感している須賀さん親子は、「農食連携」「農医連携」も実践している。

「自然界の恵みを得て育った旬の野菜は、生命力に溢れています。安全な野菜作りを通して、みなさんの健康維持に貢献できればうれしい」

——————————————————————————————————————

清らかな心

レンコンの花が咲き始めました。

蓮の花はピンク、黄色、白などがあるのですが、うちのは真っ白い花です。

蓮の花言葉は“清らかな心”なんですよ✨

泥の中から茎を伸ばして花を咲かせる蓮の様子

から”清らかに生きる”象徴とされています。

仏教では泥水の中から生じ、清浄な美しい花を

咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、

死後の極楽浄土に咲く花として親しまれています。

間近で見ると本当に心が洗われるような、不思

議な力を感じる花です🎵

踏んだり蹴ったりwwwwww

今年も刺されてしまいました( ;∀;)

みかんの摘果をしていたら、太腿にブスっと。

アシナガ蜂でした。

今年はこれまで野生の感で危機一髪、難を逃れて

きたのですが。。。。

朝一番で気が緩んでいました。

いつもは、心が折れて急いで家に帰って氷で冷やしたり

手当するのですが、少し胸がドキドキはしましたが、

症状がそれ以上悪化する気配がなかったので、今日は

そのまま作業をしてから帰りました。

毎年刺されているので、体も過剰な免疫反応をしなくなっ

てきているようです。  だといいのですが。。。。

 

そして夕方、愛犬のマルといつものように散歩していたら

マルが突然変な悲鳴をあげて後ろに飛び跳ねたのです。

見ると、茶色い蛇がトグロを巻いていました。

どうも体の模様がマムシっぽいのです。

マルの顔を見ると嚙まれて鼻の横から出血していたので。散歩を

中止して、島の動物病院に連れて行きました。休診のところを幸い

診てくださいました。

先生によるとこの時期、蛇に噛まれた犬がよく来るそうです。中には

数か所噛まれて重篤化する犬もいるようですが、マルは幸い一か所

だけだったので、今のところはそれほど心配する様子では無いとの

こと。ただ、これから顔や喉が大きく腫れてくるそうです。

ステロイド剤の注射をしてもらって家に帰りました。

今日は踏んだり蹴ったりならぬ、刺されたり噛まれたりの一日でした。

人生そんな日もありますよね。

レンコンが元気になりました!

寂しかったレンコン畑が梅雨明け後、賑やかになってきました(^^♪

立ち葉が増えてレンコン畑らしくなってきました。

無肥料で果たしてレンコンが収穫できるのか心配だったのですが

杞憂に終わりそうです❤

そこで心配なのは獣害なんです。

なんとイノシシはレンコンが大好物らしいのです(涙)

既に畔にはイノシシの足跡が。。。。。

ワイヤーメッシュか電気柵で防御しないと、このままではイノシシの

晩御飯になってしまいます ( ;∀;)