休耕田の活用方法

先日、ご近所の人が休耕田に、生い茂っている“ガマ” を

刈って、“クワイ”の苗を植えていました。

クワイ”って、お正月のおせち料理に入っている、

こんなやつです。

ウィキペディアによると、

オモダカ科水生多年草である

クワイの語源は、収穫した外観が農機具の鍬(クワ)に似て

いることから「鍬芋」(くわいも)と呼ばれたのが、転訛し

クワイになったという説や、河芋(かわいも)が変化した

という説やクワイグリから転じた等の伝承がある。

日本では「芽が出る」縁起の良い食物と評され、煮物にして

おせち料理で食べられる習慣がある]。塊茎は皮をむいて水に

さらし、アクを抜いてから調理する。ユリ根に似たほろ苦さ

があり、煮物ではほっくりとした食感が楽しめる

クワイはデンプン質が豊富で栄養価が高く、100グラムあたり

のカロリーは126キロカロリーとサツマイモに近い。 炭水化物

の他にカリウム、葉酸、カテキンなどを含む。

広島県福山市が日本の生産量の8割を生産。


現在、オイラは休耕田を活用して、マコモとレンコンの栽培をして

いますが、同じ条件で栽培できそうなので、来年クワイの塊茎を分

けてもらって、片隅で栽培してみようと思っています。

楽しみ~~💛

 

自然農法の真菰(まこも)の収穫がはじまりました❗

この写真は、田んぼでしゃがんで稲の写真を横から撮っているように見えませんか?

これ、田んぼに立って撮っているのです。なのでこの稲は2メートルを軽く超えています。

実はこれ稲ではなく、マコモなのです。

マコモってイネ科なので、稲そっくりなんですよ。

ですから、本来は秋になると穂を出して花を咲かせて、お米のような実をつける筈なのですが、悲しいかな黒穂菌に感染してしまい、穂を出せなくなってしまうのです。

そのため、茎の根元に養分が溜まって膨らんだものが、マコモ茸と呼ばれて私たちの食べ物になるのです❗

写真の白くなっているのが、マコモ茸です。

マコモは、タケノコを優しくしたような適度の食感と、ほのかな甘味、ヤングコーンのような香りがあり、くせがなくてさっと茹でたり、グリル焼き、炒め物に向いています。僕は天ぷらが大好きです。

マコモは、食物繊維が豊富で、腸内環境を整える他、カリウムが豊富でデトックス効果があると言われています。

マコモ栽培の資料では、肥料を沢山必要とするとされているのですが、当園では農薬や肥料を一切不使用で健康に育っています。

この生命力を是非お召し上がり下さい。

清らかな心

レンコンの花が咲き始めました。

蓮の花はピンク、黄色、白などがあるのですが、うちのは真っ白い花です。

蓮の花言葉は“清らかな心”なんですよ✨

泥の中から茎を伸ばして花を咲かせる蓮の様子

から”清らかに生きる”象徴とされています。

仏教では泥水の中から生じ、清浄な美しい花を

咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、

死後の極楽浄土に咲く花として親しまれています。

間近で見ると本当に心が洗われるような、不思

議な力を感じる花です🎵

レンコンが元気になりました!

寂しかったレンコン畑が梅雨明け後、賑やかになってきました(^^♪

立ち葉が増えてレンコン畑らしくなってきました。

無肥料で果たしてレンコンが収穫できるのか心配だったのですが

杞憂に終わりそうです❤

そこで心配なのは獣害なんです。

なんとイノシシはレンコンが大好物らしいのです(涙)

既に畔にはイノシシの足跡が。。。。。

ワイヤーメッシュか電気柵で防御しないと、このままではイノシシの

晩御飯になってしまいます ( ;∀;)

 

自然農法のレンコンとマコモの状況です。

今年は1枚の田んぼの半分をレンコン、残り半分にマコモを植えました。

レンコンは今年初めての挑戦だったのですが、想像していたのとは

ちょっと違っていて、立ち葉が少なくて、浮き葉が多いです。

レンコンは肥料喰いだと聞いていたので当初から心配していたのですが、

肥料を一切あげていない中、ここまでよく頑張って育ってくれています。

こちらは今年2年目のマコモです。

昨年の株を株分けして植えたのですが、田んぼの半分に植えてもまだ

株が沢山余ってしまったので、残りはレンコンの風よけになるように、

レンコンを囲むように植えてみました。

少しは防いでくれているかしら?

マコモも肥料喰いなのですが、こちらも無肥料で頑張ってくれています。