キウイの苗が・・・wwww

今朝、苗を植えている新しいキウイの畑に行ったら、

順調に育っていた苗の葉が一本萎れていました。

え?どうしちゃったんだろう?と急いで駆け寄って見ると

苗の根元をイノシシが噛み切ってました(涙)

何故?なぜ?ナゼ?

食べ物でもないキウイの苗の幹を噛み切るのか・・・

久しぶりに血圧が上がっちゃいました。

あ~あ

狩る準備をしよう。

詐欺サイトに引っかかってまった!(なぜか岐阜弁)

この春に植えたキウイの苗が順調に育っています💛

さぁ!棚を作ろう!!

普通は棚を作ってから苗を植えるのだと思いますが・・・・

オイラの畑は、全て無肥料栽培ですので、苗が適応できずに

育たない恐れがあるため、苗がちゃんと育つのを確認してから、

棚を作ることにしていたのです。

苗はどれも順調に育ってくれているので、いよいよ棚の材料を

購入することにしました。

ほとんどのものは、無事購入できたのですが、棚に張る針金で

引っかかってしまいました。

とにかく、値段の安いサイトを見つけようとあちこち探し回って

いると、値段が他のサイトと比べて30%も安くて、しかも送料無料

という破格のサイトを見つけたのです!

あまりにも条件が良かったので、うれしくなって当面必要とする

数量に加えて、将来のことを考えて倍の数量を発注しました。

(本当にアホです。)

サイトから、在庫があるので代金を振り込むようメールが届いた

ので、すぐに代金を振り込みました。

振り込んだ後、何か嫌な予感がしたので、所在地をgoogle mapで調べて

みたところ、レンタルの共同オフィスのあるビルでした。

これはやばいんでない?と思って、直ぐに電話をかけてみると『お掛けに

なった電話番号は現在使われておりません』とのメッセージが。。。。

あ~~~やられた!(涙)

長いことネットショップを利用していますが、初めて詐欺サイトに引っか

かってしまいました。冷静になってみると、怪しい点がいくつもあったの

ですが、値段の誘惑につい負けてしまいました。

最近、詐欺サイトが増えているそうです。皆さん甘い話にはご注意を!

レンコンが。。。。wwwww

お盆の前のマコモとレンコン畑の様子です。

レンコンを守るようにマコモが周りを囲っています。

マコモに守られて、レンコンの花が元気よく咲いていました。

マコモもレンコンも今年の豊作を確信していました。

ところが。。。。。

お盆があけて畑に行ってみると。。。。

レンコンが全滅していました(涙)

イノシシがきれ~いに収穫してくれていました。

あ~あ。

仕方ないですね。

来年は同じ失敗をしないように対策考えま~す。

 

赤いキウイの葉

今日は雨の中、春に植えたキウイ畑に行って来ました。

写真のようにイノシシの被害にあったキウイも新らしい

芽が伸びて、脚立のてっぺんに上って支柱に誘引する

までに復活して育ってくれています。

キウイの新芽はきれいな赤色をしていますね。

何故でしょう?

春、新緑の頃、落葉樹の新芽が緑になるまで、しばらくの

間、赤くなる種が多く見られます。

若い葉は赤色ですが、枝が伸び赤い若い葉が成長するにつれ

、赤色が消え緑色の葉になります。

若い葉に含まれている赤色はアントシアニンとよばれる色素

です。一方、緑色のクロロフィルとよばれる色素は、植物に

とって重要な光合成を行います。

若い葉は赤く見えますが、クロロフィルはゼロではありません。

若い葉は光合成をおこなうための葉緑体を作り上げている段

階ですが、まだ、太陽光に含まれている紫外線による害を防ぐ

ことはできません。葉も可視光、紫外線によって生ずる活性酸

による害を受けます。若い葉はこれらの光による害を充分に

防ぐことができないため、アントシアニンによって太陽光を遮

り、葉緑体が害を受けないようにしているのです。

しかし、葉が成長して、葉緑体に太陽光の害を防ぐ機能が充分

に発達すると、アントシアニンによって太陽光を遮る必要がな

くなるためにアントシアニンはなくなり、葉が緑に見えるよう

になるのです。

植物は抗酸化物質を作って酸化から身を守っているのですね。

 

 

休耕田の活用方法

先日、ご近所の人が休耕田に、生い茂っている“ガマ” を

刈って、“クワイ”の苗を植えていました。

クワイ”って、お正月のおせち料理に入っている、

こんなやつです。

ウィキペディアによると、

オモダカ科水生多年草である

クワイの語源は、収穫した外観が農機具の鍬(クワ)に似て

いることから「鍬芋」(くわいも)と呼ばれたのが、転訛し

クワイになったという説や、河芋(かわいも)が変化した

という説やクワイグリから転じた等の伝承がある。

日本では「芽が出る」縁起の良い食物と評され、煮物にして

おせち料理で食べられる習慣がある]。塊茎は皮をむいて水に

さらし、アクを抜いてから調理する。ユリ根に似たほろ苦さ

があり、煮物ではほっくりとした食感が楽しめる

クワイはデンプン質が豊富で栄養価が高く、100グラムあたり

のカロリーは126キロカロリーとサツマイモに近い。 炭水化物

の他にカリウム、葉酸、カテキンなどを含む。

広島県福山市が日本の生産量の8割を生産。


現在、オイラは休耕田を活用して、マコモとレンコンの栽培をして

いますが、同じ条件で栽培できそうなので、来年クワイの塊茎を分

けてもらって、片隅で栽培してみようと思っています。

楽しみ~~💛