今年も“とんど”を行いました!

昨年17年ぶりに復活した村の“とんど”が今年も先週の日曜日に行われました。

とんど”はお正月のしめ飾りや御札を燃やして年神様を見送る行事で日本全国

北は北海道から南は沖縄まで行われているそうです。その呼び名も燃やし方も

各地域によって異なります。

ここ大三島でも実施されていますが、とんどの形はそれぞれの村で異なります。

IMG_0900

村の長老に教わりながらここまで作るのに5日かかりました。下部の台座の中に

しめ飾りや御札が入っています。

これに飾り付けをしたら完成です。

IMG_0906

当日、皆で短冊や千羽鶴などの飾り付けをしました。近所の子供も飾りを作って

付けに来てくれました。

IMG_0909

出発前、磐座八幡宮の宮司さんに祝詞をあげて頂きました。

IMG_0929

神社の池まで皆で歌を歌いながら引っ張って行きます。

今年は中学生や高校生など若い子たちも参加してくれて、昨年の倍以上の人数です。

IMG_0931

1時間かけてようやく池の畔に到着しました。

IMG_0940

今年一年の無病息災を祈って火を放ち、年神様をお送りしました。

 

立派なみかんの木が一日でwwwww

毎朝、畑を回ってイノシシが侵入していないかチェックするのが日課と

なっているのですが、

今日は様子が大きく変わっている木がありました。

沢山果実を生らせてくれている高さが3mくらいある大きな温州みかんの木

なのですが、随分小さくなっているような気がしたのです。あれ?どうしたんだろう?

っと思って近づいて見ると大変なことになっていました。

直径30cmくらいある大きな幹の根本が裂けていたのです。

恐らく上の方に生っているみかんを食べようとして大きなイノシシが木に登ったの

だと思います。その重さで裂けてしまったのでしょう。

IMG_0827

他にも、上を向いているはずの枝が下にひん曲げられてみかんが食べられて

います。

IMG_0825

無理やり下に押し曲げられたので枝の根元にはヒビが入ってしまっています。

IMG_0820

こちらの枝も下に向かって引き裂かれています。

IMG_0826

こちらの枝は凄い力で引きちぎられています。

IMG_0811

こっちの枝はボキッて折られています。。。。

IMG_0818

そしてこっちの枝は噛み切られていました。

IMG_0821

こちらは噛み切ろうとガジガジやったようです。

IMG_0809

とても立派な大きなミカンの木だったのですが。。。。

果たして復活できるのでしょうか?本当に無残な状態にされてしまいました。(涙)

みかんを食べられるだけでも頭に血が登っちゃうのに、木まで滅茶苦茶に

されちゃって。。。。。

お前だけは絶対に許さね~!とっ捕まえてやる!!”って叫んでました。

急いで罠を取りに家に戻って、6箇所に罠を仕掛けました。

ところが不穏な空気を感じたのか?翌日から彼?はやって来ないのです。

狩猟期間に入って、誰かが捕まえてくれたのかもしれません。

それにしても、今回はショックでした。こんなことが続いたら心が折れちゃい

そうです。

 

 

 

 

 

 

君は宿泊はもちろん出入りも禁止です!

2日振りに、みかんの収穫に畑に行ったら、土をゴゾゴゾした跡があったのです。

もしや?っと嫌な予感がして駆け足でみかん山を登って行ったら。。。。

既にイノシシがあちこちの木を食べまくってました~~~~。(涙)

IMG_0798

収穫はひとまずお預け。これ以上の被害を防がねばなりません。

兎に角、どこから入って、どこから出て行ったのか調べることにしました。

段々畑のてっぺんに登って畑の外周の柵をチェックしながら降りて行きました。

するとこんなものを見つけました。怒りで手が震えちゃっています。

IMG_0804

“神聖なうちのみかん畑で大きなうん◯までしやがって。。。。”などとブツブツ

言いながら、さらに下って行ったんです。

すると目の前の草がガサガサ音がして、突然イノシシが飛び出して来た

のです。

illust214_thumb

 

まるで馬が走り去るような足音を立てて、物凄い速さで畑を横断して

柵に激突しながら山を降りて行きました。

いやぁ~ビックリしたのなんのって。。。腰が抜けそうになりました。

真っ昼間にうちの畑にイノシシがいたのですから!

通常イノシシは昼の間、ねぐらで眠っていて、日が落ちてから活動を

始めます。

???

ってことは、美味しいみかんが沢山生っているうちの畑を新しいねぐらに

して、寝てたってことですか?

確かに、うちの畑は草が生えてるから隠れる場所はいくらでもあるからね~。

でも、君は出入り禁止です!もちろん宿泊は厳禁です!!

その後すぐに、出入り口は厳重に封鎖いたしました。

 

 

 

 

顔だけは許してwwww

最近、加齢の影響で手のシワが増えているのが、とても気になっていたのです。

IMG_0741

でも、ある昆虫がお尻から出すエキスを注入してくれると。。。。。

あ~ら不思議。

こんなに張りが蘇って来ました。(笑)

IMG_0739

足に注入してくれると、ご覧のとおり、パンパンに張りますよ~

“くるぶし”なんか無くなっちゃいます。

足を刺された

でも顔はダメです。

先日は、みかんの樹の下に潜って作業していたら、まぶたの上に強制注入

されてしまって。。。。

顔への注入はいけません。手や足と違って隠せませんから。

ボクシングの八重樫選手の試合後の顔

のようにパンパンに腫れてしまって、3日間寝込んでしまいました。

それからというもの、カナブンや虻の羽音に悲鳴をあげて逃げ出して

しまう情けないチキン野郎になってしまいました。仕事になりません。

 

顔だけはやめてね。sweat_smile

 

 

 

 

新入りの家族がいなくなっちゃたんですwwww

先日、バイクに乗ろうとしたら、シートの上に卵が落ちて割れていたのです。

落ちたツバメの卵

え?これって、ツバメの卵なんじゃないか?と思って上を見上げたら。。。。

いないのです。

卵を温めているはずのツバメの親鳥が。。。。

空っぽのツバメの巣

何者かに卵を落とされてしまったようなのです。

それで、ここじゃ子育ては出来やしない!と怒って出て行っちゃったのです(涙)

嫁さんに聞いたら親ツバメが餌を取りに行っている隙にスズメが巣のところに

居たというのです。

suzume

調べてみると、スズメはツバメに対していろいろ悪さをするそうですね。

卵を落としたり、雛を落としたり、巣を乗っとっちゃったり。。。。

思えば昨冬あたりから、うちのニワトリの餌を食べにスズメが小屋を出入り

してたのです。餌のない時期だし可愛そうだなぁと思ってそのままにしていたら、

いつのまにか小屋の近くに住み着いちゃったのです。

今ではその数も次第に増えて、20~30匹はいるでしょうか。

この居候たちが鶏の餌を食べるので、餌の減り方が激しくなって来たし、

水稲の育苗をしているときも種籾食べちゃうし、このやっかい者たちを

そろそろ何とかしなければと思っていた矢先に、大切な新しい家族に対して

こんな悪さをしやがったので、堪忍袋の緒が切れました。

ニワトリ小屋の隙間を網で全て塞いで入れないようにして、食事禁止にしたのです。

食べるものが無ければそのうちどこか違う場所に引っ越していくはずです。

スズメって昔ピンクレディーのケイちゃんが“スズメ”っていう曲を歌っていたでしょ?

奥ゆかしくてけなげなイメージがあるけど、実際は全然ちゃいますわ。