赤いキウイの葉

Pocket

今日は雨の中、春に植えたキウイ畑に行って来ました。

写真のようにイノシシの被害にあったキウイも新らしい

芽が伸びて、脚立のてっぺんに上って支柱に誘引する

までに復活して育ってくれています。

キウイの新芽はきれいな赤色をしていますね。

何故でしょう?

春、新緑の頃、落葉樹の新芽が緑になるまで、しばらくの

間、赤くなる種が多く見られます。

若い葉は赤色ですが、枝が伸び赤い若い葉が成長するにつれ

、赤色が消え緑色の葉になります。

若い葉に含まれている赤色はアントシアニンとよばれる色素

です。一方、緑色のクロロフィルとよばれる色素は、植物に

とって重要な光合成を行います。

若い葉は赤く見えますが、クロロフィルはゼロではありません。

若い葉は光合成をおこなうための葉緑体を作り上げている段

階ですが、まだ、太陽光に含まれている紫外線による害を防ぐ

ことはできません。葉も可視光、紫外線によって生ずる活性酸

による害を受けます。若い葉はこれらの光による害を充分に

防ぐことができないため、アントシアニンによって太陽光を遮

り、葉緑体が害を受けないようにしているのです。

しかし、葉が成長して、葉緑体に太陽光の害を防ぐ機能が充分

に発達すると、アントシアニンによって太陽光を遮る必要がな

くなるためにアントシアニンはなくなり、葉が緑に見えるよう

になるのです。

植物は抗酸化物質を作って酸化から身を守っているのですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA