キウイ棚の制作 その1

Pocket

キウイ畑を作るため、竹や木々の伐採をし焼却した後、 これからが本番!
棚つくりをしなければなりません。
棚をつくるに当たっては、“団塊オヤジのわるあが記”さんのキウイフルーツ棚のリニューアルを全面的に参考にさせて頂き、建設用の足場パイプを使って作ることにしました。
早速、ホームセンターに行き 単管パイプ、ジョイント、クランプ、ベース、ラチェット等を購入しました。
単管パイプで作る場合、キウイの実が成りだすとその重さで柱のパイプが沈んで行くとの話を聞いたので、柱のパイプの土台はベースをコンクリートブロックにコンクリートボンドで固定して土に埋めることにしました。


柱のパイプの長さは2Mのパイプを使用し、農作業時に屈まなくてよい高さで組みました。
クランプは畑が傾斜地であるため、直交クランプは使えないので、全て自在クランプを使用しました。自在クランプはその名の通り、かなりフレキシブルで不安を感じましたが、棚を四角く囲ってしまえばカチッと決まるだろうと作業を進めたのですが、実際四角く囲っても柱のパイプを揺すると全体がユラユラと揺れてしまいます。
それでも素人の浅はかさで、針金を張ればカチッと固定されるだろうと針金を張り始めたのですが。。。。(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA