烏骨鶏孵化プロジェクト

Pocket

烏骨鶏の孵化プロジェクトが始まりました!


自家製手作り孵卵器で卵を温めている様子です。
孵卵器は引っ越しで使った段ボールの内側にアルミホイルを張り、保温用のひよこ電球と40度までコントロール出来るサーモスタットをセットしました。
保湿用に底にはトレイを置き、水を入れています。
卵の中の黄身が癒着しないように一定時間毎に転卵が必要なため、卵に“上・右・下・左”の文字を記入し、定期的に転がしています。
サーモスタットで温度を制御しているのですが、外気の影響を受けてしまうのか、温度が一定しません。
無事孵化できるでしょうか?
3週間後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA