相棒を紹介します。

Pocket

昨年の今日6月3日、季節はずれの台風による大雨の中、私が住んでいた埼玉県の大宮から愛媛県の大三島に向かって相棒と旅立ったのです。
出発してから岡山を過ぎるまで、ず~っと冷たい雨の中での旅路でした。
13時間かかって大三島に到着しました。
そんな冷たい雨の中、私を連れて来てくれた相棒と言うのが写真の彼です。


HONDAのCB1300SBというバイクです。
彼と出会うきっかけというのが、“息子にとってカッコ良い親父でいたいなぁ~”と子供が産まれてからずーーと思っていたのですが、今から5年前息子が小学校に上がる頃のある日、夜布団の中で“どんな親父がカッコ良いだろう?”っと考えていたら。。。。
ハンドルをチョッパーにして、皮ジャンに皮ズボンでサングラスをかけてハーレーに乗っている自分の姿がカラーでまざまざと脳裏に浮かんで来ちゃたのです。
とは言うものの。バイクは原チャリしか乗ったことがなかったので、早速次の日、大型バイクの免許を取るために教習所へ行ったのです。ところが、春休みに入っていて非常に混んでいるので、中々予約が取れない状況との説明を受け、仕方なく教習所での取得は断念し、未公認の教習所で練習をして試験場での一発試験で取ることにしました。
それからが悪夢の始まりでした。。。。。何度受けても受からないのです。
詳細はまたの機会にしますが、結果としては練習開始から10ヶ月後の13回目の試験で合格しました。涙が出るくらいうれしかったのを覚えています。
結局のところ教習所の方が安くて、早かったと思います。でも苦労した分、一発試験で免許がとれた時の喜びは一入でした。
そんでもって、ハーレーは予算的に厳しかったのと、最初のバイクなのでネイキッドで高性能、何より乗りやすい彼にしました。
もう少し歳を重ねた時に(もう十分歳とってますが。。。)、ゆったりとハーレーに乗れる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA