酵素って何?

Pocket

うちの畑では“天恵緑汁”という“発酵液”“酵素液”なるものを作って
みかんの木に散布しているのですが、いったい“酵素”って何なのでしょうか?
よくテレビの洗剤や歯磨き粉のCMで、“酵素が効く!”なんてやってますよね。
あとは、“唾液に含まれる消化酵素によって。。。。”どうのこうのとか。
ぶっちゃけよく知りません。(汗)
と言うことで、調べてみました。
酵素は、私たちがこうして生きて、心臓を動かし、呼吸をし、食物を消化吸収し、排泄し、思考し、何かに感動する。。。など。
人間だけでなく、植物が種から芽を出し、茎を伸ばし、花を咲かせる。。。など。
生命活動のあらゆる局面に“触媒”として関与しているタンパク性の物質です。
わかっているだけで3000~5000種類の酵素が体内に存在しており、食物の消化吸収
に関与する“消化酵素”と消化したものをエネルギーに変換する“代謝酵素”とに分類されています。
そして、体内の酵素の総量は決まっていて、酵素を消耗すればするほど、私たちの生命力は衰えていき、それがやがて病気や死につながっていきます。
人がイキイキとして元気で生命力に溢れている状態は、体内の酵素が十分に働いている
状態です。
このように、体内の酵素を活性化させ、心身を元気にするには毎日食べている食品を
通して、外から酵素を補給することと、体内の酵素を浪費させないことが大切です。
食品などに含まれる酵素を“食物酵素”といいます。
皆さんが昨日食べた食事の内容を思い出してください。酵素は摂れてると思いますか?
重要なのは、酵素は“タンパク性の物質”だと言うことです。
48度以上の温度環境になると死んでしまいます。

つまり、どんなに大量の野菜や肉、魚を食べたとしても、それが加熱処理した
ものであれば、摂取できる食物酵素はゼロと言うことです。
栄養を考えバランス良く食べているつもりが、酵素が含まれていない“死んだ食品
ばかりを口にしていませんか?
酵素は生の野菜・果物・魚介類・発酵食品に多く含まれています。
意識して生食を加えること!これが健康を守り長生きの秘訣です!
前回書きましたが、野菜や果物については、その“質(生命力)”が大切な事は言うまでもありませんね。
酵素のついては鶴見隆史氏や新谷弘実氏の著書に詳しく書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA