魚のアラからアミノ酸液を抽出しました。

Pocket

1月に防除用のタンクに仕込んだ“魚のアラ”なのですが、
かなりいい感じに仕上がってます。
魚の生臭ささは全く消え、なんとも言えない香ばしい良い香りがしています。
魚のアラもドロドロに溶けて、表面には醤油のような色をしたアミノ酸液
溜まっています。

今回、この魚のアラの発酵については、失敗して腐らせたら処分に困るのと
仕込んだのが真冬だったので、寒い中でも発酵を促すため“白神こだま酵母
を使いました。

“白神こだま酵母”は世界自然遺産“白神山地”より分離・選抜した酵母で、
従来の市販酵母と比較し、冷凍耐性、乾燥耐性、発酵力等すべてにおいて、
優れた特性を有します。
この酵母のおかげで寒い中でもプクプクとすぐに発酵が始まりました。
みかんの木が発芽・開花のためにエネルギーを必要としているので、
天恵緑汁
魚のアミノ酸液の手作り“滋養強壮ドリンク”を散布しています。

魚のアラからアミノ酸液を抽出しました。” への2件のコメント

  1. 先日は美味しくて新鮮なレモンをありがとうございました。
    ジャムだけは失敗してしまいましたが…
    無農薬レモンは、酵母・酵素ジュース・お菓子などなど
    大変活躍してくれています。
    ブログを拝見して、努力と研究を重ねて
    無農薬栽培をされていることに改めて感動しました。
    いろんな無農薬柑橘を使ってみたいので
    これからも頑張ってください。
    P.S
    ブログを紹介してくださって
    どうもありがとうございます。

  2. こんばんは。コメント有難うございます。
    お買い上げ頂いたレモン、いろいろとお使い頂けたようで、育てた者として
    とてもうれしいです。
    駆け出しの農家でわからないことだらけですが、“体が喜ぶ農作物”を育て
    るために、試行錯誤を繰り返しています。(失敗が多いです。)
    “みち酵房”さんのおかげで“フルーツ酵母”というのを知りました。
    今度それを使って手作りパンに挑戦してみようと思っています。
    ブログを拝見して“カンパーニュ”を作ってみようかな?と思っています。
    うまく焼けなかったら相談に乗ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA