あなたはそれでもチキンナゲットを食べますか? マクドナルドの中国産鶏肉が危ない!

Pocket


かつてマクドナルドのハンバーガーにミミズが使われているという「都市伝説」があった。マックにとって今回の痛手はその比ではあるまい。『週刊文春』(ゴールデンウィーク特大号)奥野修司さんと文春取材班による「あなたはそれでもチキンナゲットを食べますか? マクドナルドの中国産鶏肉が危ない!」。中国猛毒食品キャンペーンの第6弾だ。
マックは時々、食べているから、新聞広告を見てギョッとした。今年1月、中国共産党系機関紙「北京青年報」に衝撃的ニュースが掲載された。
「河南大用食品グループが、病気で死んだ鶏を長期にわたって加工販売し有名ファストフード店で売っていた、との情報がネットに流れた」この一報で中国国内はパニックに。有名ファストフード店とは、中国のマクドナルドとケンタッキー・フライド・チキン(KFC)だった。その騒動が日本に飛び火したのだ。
〈日本マクドナルドは本誌の取材に対し、「鶏肉原料の一部に河南大用食品グループの鶏肉を扱っている」と認めた〉
それだけではない。〈二〇一一年度に中国から「鶏肉調整品」として輸入された鶏肉は二十二・二万トン〉中国産鶏肉の問題点の第1は成長ホルモンや抗生物質の過剰投与。〈陽が差さないウィンドレス鶏舎と、一坪当たり四十羽が適正とされるスペースに、百羽近く飼うような金儲け一辺倒の養鶏〉で〈鶏はすぐに病気になる〉。
15年ほど前から病原性大腸菌症が蔓延。〈野放図に抗生物質を使ったため、耐性菌が次々とあらわれ〉〈今は百種類くらい〉〈とくにO78は強毒性で〉〈抗生物質がないと、バタバタと死んでいく〉。
より怖いのは神経を侵し、発がん作用のある有機塩素。有機塩素に汚染された畑で出来た穀物を〈鶏に食わせると、約十倍に濃縮されます〉。日本マクドナルドは書面回答しているがハッキリ言っておざなりな答え。
やっぱり、食べないに越したことはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA