野菜スープのファイトケミカルはジュースの数百倍!

Pocket

先日、新聞を読んでいたら新型野菜スープで、やせる!若返る!病気が治る!”と言う雑誌の記事が目に止まりました。
サブタイトルの中に、“ガンも撃退”というのと“若返り成分ファイトケミカルが生ジュースの数百倍”というのがとても気になり、早速アマゾンから取り寄せました。

昔、一時流行りましたよね。僕も若いころ暴飲暴食がたたって、甘い匂いのするおしっこが出始めたので、1年くらい飲んでました。
記事には、ファイトケミカルがたっぷり溶け込んだ野菜スープを日常的に飲むことで、体の機能を調整し、病気と闘う力を高めてくれると書かれています。
ファイトケミカルの“ファイト”はギリシャ語で“植物”、ケミカルは英語で“化学成分”の意味です。つまり植物が作り出した天然の機能成分のことす。
植物は太陽光を利用して光合成を行い、エネルギーを得ています。ところがこの太陽光の強い紫外線は強い毒性のある活性酸素を発生させ、細胞を傷つけます。そこで植物はこの活性酸素の害を中和する物質を作るようになりました。
一方、我々動物はファイトケミカルを作ることはできません。ですから植物からファイトケミカルを摂取するしか方法がないのです。
このファイトケミカルは体の成分やエネルギー源にはならないのですが、細胞を錆びさせる活性酸素の害を抑える抗酸化作用や、免疫のバランスを調整する作用など、非常に大切な働きをします。
5大栄養素には無い抗酸化作用免疫増強作用抗がん作用が強力で、この機能こそ、現代の私たちの体が最も必要としているものなのです。
このファイトケミカルは、その多くが植物の細胞や細胞膜の中にあるため、細胞膜を壊さなければ、私たちの体内に吸収されないのです。
細胞や細胞膜は包丁で刻んだり、ミキサーで粉砕した程度では壊れません。
細胞膜を壊す最も簡単な方法が、加熱することです。ファイトケミカルは熱に強いので、加熱しても効力は失われません。
野菜を煮てスープにすると、スープの中にファイトケミカルが溶け出して来ます。
下図を見てください。熊本大学医学部の前田浩教授らの研究によると、ゆで汁(スープ)には、生の絞り汁(ジュース)の数百倍の抗酸化力があります。

滅茶苦茶驚いたのですが、一番上に載っている“人参の葉”のゆで汁と一番下に載っている“人参”の絞り汁の抗酸化力の差はなんと10,000倍です[emoji:e-2][emoji:e-2]
菜園で育てている人参を間引きした葉っぱ。これまでウサギに食べさせたり、捨てたりしていましたが、そんなもったいないことをしている場合ではありません。(笑)
早速、間引きした人参のスープをつくってみました。もちろん葉っぱ入りです。

青臭くて飲めないんじゃないかと心配していましたが、出来たスープはとっても美味しいです!

僕はこの記事を信用して、しばらく飲んでみようと思っています。作り方はとっても簡単ですし、身近にある野菜で作れるので、興味のある方は読んで見て下さいね。

野菜スープのファイトケミカルはジュースの数百倍!” への1件のコメント

  1. 素晴らしい情報をありがとうございます。生野菜の酵素を摂らなきゃと毎日野菜ジュースを作っていました。以前は必ず夕食に野菜スープを作っていたのに最近サボっていました。また、始めようと思いまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA