1時間を切りました~!

Pocket

愛媛マラソンの練習を始めて一ヶ月少し経ち、本番まで残すとこ2ヶ月と

なりました。先日初めて10kmを1時間切って走ることが出来ました。

でも、本番でこのペースでずっと走っても4時間は切れないのですよね~。。。。

Running activity by よいち きむら on 21.11.15 16 54 Runtastic

密かに“サブ4”狙っていたのですが、この分だと“サブ5”がやっとだなぁと諦め

かけていたのです。

ところが同年代の鶴見辰吾のこの記事を見つけてスイッチが入っちゃいました!

彼は初マラソンでいきなり3時間前半で走り、2回目のマラソンでは何と“サブ3

を目指しているそうです。芸能人だからプロのコーチがついて指導してくれて

いるのかと思いきや、スマホのNIKEのアプリで練習してるそうです。

オジサンも、もう一段ギヤを上げて“サブ4”目指してあと2ヶ月頑張りま~す!

50歳鶴見辰吾、横浜マラソン2時間台完走に手応え 芸能 日刊スポーツ222

俳優鶴見辰吾(50)が、来年3月13日の横浜マラソン2016年で2時間台で走るため、ハイレベルの練習を続けている。初マラソンだった今年の同大会は、3時間12分58秒と好走も、大会側の距離測定ミスが発覚。直後に宣言した「2時間台で完走」(サブスリー)は、市民ランナーレベルでは「1%の確率」の難関だが、鶴見は既に手応えを感じていた。

 速い。実に速い。潮風を受けながら、グングンと前に進んでいく。私も昨年の大阪マラソンを3時間27分8秒で走ったが、あっという間に離され、レベルの差を見せつけられた。本番まで約5カ月。50歳の鶴見は目標達成に向け、着々と準備を進めていた。

 「2時間台で走ると大風呂敷を広げましたからね。練習を再開した8月は暑くて前回大会のペースで走れず、焦りましたが、涼しくなった途端、調子が上がってきました。この前、1キロ3分50秒ペースで3キロほど走りましたが、きつく感じませんでした。2時間台、夢じゃないかなと」

 市民ランナーの憧れは、3時間台とされる。これは1キロ5分台前半でも実現可能。しかし、2時間台となると、1キロ4分前後の走力が必須で、この1時間を短縮するのは「至難」といえる。しかし、鶴見は初マラソンとなった前回大会を3時間12分58秒で走った。大会後、186・2メートル短かったことが判明したとはいえ、1キロ4分20~30秒ペース。多くの市民ランナーを感心させた。

 「『すごい』と言われてうれしかったです。40歳から自転車を始めて心肺機能の下地があったのが大きかったです。ただ、昨年10月に練習を始めた頃は、1キロ5分45秒ペース。使う筋肉が違いますから。その後、ナイキの練習アプリに指示されるがままペース走(一定のペースで走る)、ビルド走(一定の距離をペースを上げて走る)の練習を繰り返しました。トレーナーは一切、つけてません。他の市民ランナーと同じ条件で走るのが美学ですから」

 結果、ほぼフルマラソンの42・0088キロを「1度もやめたいとは思わず」に走り切った。記録は公認されなかったが、鶴見は今も「ボランティアの方々も懸命でありがたかった。恨みはないです」と話す。その上でサブスリーを宣言し、前回と同様に独自トレーニングを続けている。体脂肪率も10%をキープ。大会時は51歳だ。「このまま練習を積んで、ケガをせず、1%の中に入ってみたいですね」と目を輝かせている。【柳田通斉】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA