マダニに噛まれた!

6回も!!

今年は、おちんちんが2回、太股の内側が2回、足の指が2回

の計6回噛まれてしまいました。

うちの畑は、土壌の生態系を豊かな状態に保持するため、草は刈らずに

自然な状態にしているので、土の状態が良くなるに連れ、草も年々、

より元気に生育してくれるようになって来ています。

なので畑では、草の中をかき分けながら作業をすることになるのですが、

そうなると、自然にマダニが体にくっついて来ちゃうのです。

写真のこ奴は、脛のあたりを股間に向かって歩いているのを、偶然にも

捕まえることが出来ました。まだ血を吸う前の状態です。

rpt

血を吸うとこんなに膨れ上がります。

皮膚の柔らかい所が好きなんです。

血を吸ってお腹がいっぱいになると、ポロっと落ちるのですが

血を吸われるときは、かなり痛いんですよ。

ウイルスを持っているマダニに噛まれると、死んでしまうことも

あるので、本当に注意しないといけないのです。

毎年マダニに噛まれて何人も亡くなっています。

昨年噛まれた時は、微熱と下痢が一週間ぐらい続きました。

困ったことに、被害は畑に行っていない、妻にも及びました。

私が、マダニのついた服で、家の中をうろうろするものですから

妻も4回噛まれてしまったのです。妻は耳たぶを噛まれて赤く腫れて

しまったので、病院に行って取ってもらいました。

妻に滅茶苦茶怒られたので、真剣に対策を考えました。

対策①スパッツとゴムバンド

長靴とズボンの間から侵入されないように、スパッツを履き

スパッツがずれ落ちて来ないようにしっかりとゴムバンドで

固定。

対策② インナーパンツ

マダニは股間が大好きなんですよ。おちんちんを噛まれないように

インナーパンツでしっかり、股間をガード。

 

対策③ ダニ除けスプレー

畑に行く前に、服とズボンにダニ除けスプレーを念入りに噴射。

対策④ 防ダニ洗剤

服自体を防ダニ状態にするため、防ダニ洗剤で洗濯。

これだけやっても安心できないので、道具類は家に持ち込まず

服は外で脱いで、洗濯機の中にすぐに入れることで、ようやく

マダニの被害が出なくなりました。

畑仕事も命がけになってきました。

家庭教師のトライで勉強しています。

最近、家庭教師のトライさんで高校生物を勉強しています。

この年で、大学受験をしようっていう訳ではありません。

農家になって、植物を育てることを生業としているのですが、

恥ずかしながら植物の事を良くわかっていなかったのです。

ネットで“植物生理”について調べている時に、偶然 YouTube

にトライさんの高校生物の動画が沢山アップロードされている

のを見つけて、その中で植物に関係する動画を観てみたら、

とってもよく理解できるんですよ!

受験勉強と違って、自分から学ぼうとする勉強は面白くて

楽しいですね(^^♪

 

 

 

根を養う

『致知』という雑誌の「一日一言」というメールマガジンを

購読しているのですが、今月号の特集が“根を養う”と言うことで

今日の一日一言では、

子供たちの心に火を灯し続けた伝説の小学校教師 東井義雄

さんの言葉が配信されてきました。

高く伸びようとするには、
まずしっかり根を張らねばならない。
基礎となる努力をしないと、
強い風や雪の重みに負けてたおれてしまう

そうだよな~ っとその言葉を噛みしめていたら、

特別配信ということで、Qちゃんの言葉が配信されて

来ました。

そのメールがこちら

たまたま点けたテレビに高橋尚子さんが出演していた。
シドニーオリンピックのマラソン競技の金メダリストである。
彼女は自分を支えてくれた三つの言葉について語っていた。

一、何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。

二、疾風に勁草を知る

  強い風が吹いた時に本当の強い草が分かる。

三、丸い月夜も一夜だけ

 いいことは長く続かない。常に満足することなく、次の一歩を踏み出すこと。

高校時代の陸上部顧問の先生から教わった言葉だという。
事あるごとにこの三つの言葉を噛み締めることで、
高橋さんの人間としての根は養われたのだろう。

そして、また新たな配信が届きました。

渋澤健(コモンズ投信会長/渋沢栄一の玄孫)の言葉

人間の根を養うために大切なことは、
常に問いを持ち続けること


どれも良い言葉ですね♪

農業をやっていると根の大切さを嫌と言うほど感じさせられます。

暑さ対策 その①

ようやく梅雨が明けました。

これでジメジメした鬱陶しい天候から解放されましたが、今度は

太陽ギラギラの真夏がやって来ました。

屋外作業者にはとても厳しい季節になりました。

この時期、暑さ対策が特に重要になって来ますね。

と言う訳で、ヤッケを買っちゃいました!

え?!真夏にヤッケ着て作業するの?というあなた。

実はこのヤッケ、空調服なんです。

背面の下の方に二つの黒い穴が空いているでしょ?

これがファンになっていて、ここから空気を取り込むようになって

いるのです。

製品の袋に入っていた写真です。背中から風が吹き込んで涼しそうな

写真でしょ?

実際に着てみると、背中に扇風機があるみたいで、

体の中を風が吹き抜けていきます。

服の中を風が通っていくのは、初めての感覚ですが、

とても快適なんです。

バッテリーも8時間持ちますので十分ですね。

もう手放せなくなってしまいました。

屋外作業者には必需品になると思います。