スズメバチの巣は縁起物なのです。


いつの間にか、海岸道路脇の廃屋の2階の軒先に大きなスズメバチの

巣が出来ていました。

ご覧のように10月の上旬ころまでは、活発に蜂たちが出入りして活動し

ていたのですが。。。。

スズメバチの巣

今日久しぶりに見に行ったら、巣は更に二回りくらい大きく立派になって

いましたが、蜂の姿は無くひっそりとしていました。

冬が来る前に立派な巣を作って、きっとこの巣の中で蜂たちは越冬する

のだと思っていたのです。

ところが調べて見ると、巣は1年限りなんですって。冬になると巣はもぬけの殻

となり、秋に生まれた新女王蜂だけが生き残って、土中や木の切り株の中で

越冬して、翌春に一人で一から新しい巣を作り始めるのだそうです。

だったら、こんなに立派な巣を秋口までせっせと作る必要があったのか?

と疑問に感じてしまいました。スズメバチの一生って意外と儚いですね。

昔、爺さんが玄関にスズメバチの大きな巣を吊るしていました。

スズメバチの巣は出入口が1つだけで、そこに多くの蜂が出入りするこ

とから、千客万来、商売繁盛の縁起物とされているそうです。

もう少し寒くなって、蜂たちが完全にいなくなった頃に巣を取ってきて

インテリアとして玄関に飾りたくなりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA