“骨粗鬆症予防”にミカンがいいそうですよ!

Pocket

お世話になっている東京のお客様から情報を頂きましたので、ご紹介しますね。
今日の朝日新聞の記事です。


骨粗鬆症予防にミカン 黄色い色素が骨を増やす
ミカンをよく食べると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できる
らしいことが、果樹研究所の杉浦実主任研究員らの研究でわかった。
ミカンを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、骨を増やし
たり、減少を抑えたりしていると考えられる。20日付米科学誌プロ
スワンで発表した。
女性が閉経してホルモンのバランスが変わると、骨粗鬆症にかかり
やすくなる。一方、杉浦さんらが温州ミカンの産地の一つ、浜松市の
三ケ日町地域で行ってきた研究で、ミカンを多く食べる女性は患者が
少ない傾向もわかっていた。
そこで、この地域の閉経後の女性212人で、βクリプトキサンチン
の血中濃度と骨粗鬆症の関連を調べたところ、ミカンを毎日4個食べる
ことに相当する血中濃度の人は、ミカンを食べない日がある人よりも、
骨粗鬆症にかかるリスクが92%低いことがわかった。
果物などに含まれる色素の骨粗鬆症予防効果が明らかになったのは
世界で初めてという。

リスクが92%も低減するなんて素晴らしい発見ですね。
生産者としても嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA