ソルゴーを蒔きました。

Pocket

海っぺりに“まりひめ・ネーブル・レモン”を植えている畑があるのですが、風が強いためか昨年、“かいよう病”という病気に沢山やられてしまいました。
もっともどれも“かいよう病”に弱い品種のようですが。。。
その対策として、今年は雑誌“現代農業”に出ていた“ソルゴー”と言うイネ科の1年生の草を植えて即席の暴風垣を作ってみることにしました。種はアマゾンで1? 1,000円くらいで売ってました。


<ソルゴーの芽が出てきて道のようになっています。>
5か月ほどで3M近くまで大きくなり、風を防いでくれる上、最後は刈り取って緑肥になるそうです。
また、ナス畑の周りにソルゴーを植えると天敵の住処となり、農薬を大幅に減らすことができるとのこと。ナスを植えている農家の方に少し差し上げました。
早く大きくなって風を防いでくれると助かります。




この花なんの花かわかりますか?
庭に植えている柿の花なのです。
僕は初めて見ましたが
レモン色で清楚でなんてかわいい花なのでしょう!
思わずパシャリと撮ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA