アゲハ蝶さん。もう許して~。

普通の人は春になってアゲハ蝶がヒラヒラ飛んでると、可愛らしい

なんて思うのでしょうか?

柑橘農家にとって。。。と言うか、農薬を使わない

柑橘農家にとっては、とてもやっかいな存在なんですよ。

葉っぱに白い丸い粒があるでしょ?

これが、アゲハ蝶の卵なのです。アゲハ蝶は柑橘の

葉っぱを好んで卵を産み付けるのです。

4~5日経つと卵からかえった幼虫が葉をムシャムシャ

食べちゃうのですよ。

特に葉の少ない苗木の時に何個も卵を産み付けられて、

数日ボ~っとしてると、いつの間にか、新芽を全部食べ

られちゃって、葉っぱが無くなっていることがあるのです。

なので、毎日1時間かけて苗木の卵を除去して回るのですが、

翌日行くとまた産み付けられているwwww。

もうエンドレスなんですよ。もう許して~(涙)

 

でもですね。99%の柑橘農家はこんな悩みはないのです。

最近は良い?農薬が開発されているのです。

それは“浸透移行性農薬”と言って、地面に農薬の顆粒を撒くと

植物が根から農薬を吸収して、それが茎や葉など植物全体に農薬が

移行し、植物全体が毒性を持つようになるっていう代物なのです。

だからどこを齧っても、あの世行きなのです。

しかも、これまでのように、表面に農薬を付着させるのではないので、

雨によって流れ落ちてしまうことも無く、効果が長持ちするのです。

そう考えると、アゲハ蝶も子孫を残すの大変なんだよね~。。。。

 

 

 

ヘアリーベッチがやって来た!

どこからやって来たのか?不思議なのですが、

今年はみかん畑のあちこちに“ヘアリーベッチ

が繁茂しています。

ヘアリーベッチはカラスのエンドウと同じくマメ科で

根粒菌による空気中の窒素固定をしてくれる植物で

緑肥植物として種が販売されている植物です。

ヘアリーベッチはカラスのエンドウよりも密集度が

高くて、みかんの木が見えなくなるくらいに木を

覆ってしまうので、光が当たらず光合成が出来なく

なってしまうため、適時みかんの木を救出してあげ

なければなりません。

それでも土地を肥やすためにやって来てくれたあり

がたい来訪者です💛

当園には、葛やカラスノエンドウ、クローバーそして

ヘアリーベッチ等、マメ科の植物が自然にやって来て

くれました。

自然とはありがたいもので、人があれこれはからわ

なくても、ずと土地が肥えるようにるのですね~(^^♪

ありがたや。ありがたや。

過食の害

ある本を読んでいたら、こんなことが書かれていました。

食べすぎは血の汚れにつながり、様々な悪しき状態を引き起こします。

米国ミネソタ大学のM.J.マレイ博士は、「飢餓が病原菌の感染に対して抑制的に働く」という論文を書いています。

・1975年M.J.マレイ博士らが飢餓のサハラ砂漠を訪れ、遊牧民に食糧を与えたところ、その食糧供給が始まってからまもなくして、突然にマラリアが発生してきたという事実。

・エチオピアのソマリア遊牧民に、飢餓のとき食糧の供給が行われると、マラリア、ブルセロージス、結核などが起こってきた。

・中世時代のイギリスにおける痘瘡(とうそう)は、貧しい人々より金持ちの人々をより多く苦しめた。

・第一次大戦中に発生したインフルエンザにおいては、十分に栄養の行き渡っている人々に最大の死亡率が示された。

・1939~45年の戦争のとき、ある過密状態にあったキャンプにおいて、低栄養状態におかれた人々が麻疹(ハシカ)やチフスに対して最低の罹患率を示した。

・極度に栄養状態の悪化している患者に、静脈から点滴により高栄養を与えると、重篤な感染症を起こしてくる例がしばしばあることがわかってきた。

こうした事象を説明するメカニズムとして同博士は「我々が食べる食物中の栄養素は、我々の身体の維持よりも病原菌の分裂、増殖の方に利用されるのだろう」と指摘しています。

つまり、

我々が生きていくのに必要最低限量以上の食物を身体の中に入れた場合、これが老廃物、余剰物となり、病原菌がはびこるための餌になるのです。

この現象は、動物にも現れます。

・インドにおいては乾季になり草木がなくなると、動物(家畜)の餌が少なくなり、動物はやせ細るが、そのとき家畜の罹患率は最低になる。モンスーンの季節になり、新しい草が茂り、それを食べて動物が太ってくると、動物の流行病が急に増えてくるのです。

                 (新・植物養生法 著 鶴見隆司より)

自然農法をはじめてわかったのですが、上記のことは何と植物にも言えるのです。

例えば、レモンを栽培していて、農薬の散布に失敗したときに、『かいよう病』という病気がかなりの確率で発生します。この病気は写真のようにレモンの果皮にお灸をすえたような黒いコルク状の病斑が出来ます。強風やレモン自身のトゲによってできた傷口から菌が侵入して感染すると言われています。

ところが、肥料を与えない自然農法では、かいよう病に罹患した果実は

ほとんど見当たりません。その他ダニやカイガラムシなどの被害も驚く

ほど減少します。(ソバカスだけは枯れ枝を除去しないと発生します。)

過食の害を植物の栽培を通じて実感しています。気をつけたいです。

 

 

畑作業の必需品 その1

この時期の畑作業の必需品。その1 は“スパッツ”です。

ホームセンターで売っているのですが。山用のようなしっ

かりした生地で作られていないので、すぐにあちこち擦れ

て穴が開いてしまうのが弱点なのですが、これ無しには畑

に入れません。

と言うのも、うちの畑は積極的に草を生やしているので、

生物性がとても豊かなんです。ご覧のように地面なんて

見えやしません(笑)

そんな環境の中でこのスパッツ無しで畑に入ろうものなら、

長靴とズボンの隙間から、いろんな生物が侵入してきて。

。。。。

ズボンの中で太腿のあたりを、何かが動き回ってるwww!

キャ~!気持ち悪~い!誰か助けて~~~~!

って、ちょっとオーバーですが、てなことになってしま

うのです。

家に帰ってズボンを脱いでみると、太腿のあたりから股間

にかけて、何者かに噛まれた跡があちこちに残っていて、

痒くて痒くて。。。。

マダニなんかに噛まれたら大ごとです!

でも、このスパッツのおかげで、そんなことも少なくなり

ました。穴が開いた箇所は嫁さんにすぐに修復してもらっ

て、毎日大切に使っています💛

 

レモンの苗木を買いました!

前からずっと欲しかったレモンの苗木をやっと手に入れました。

この苗は、普通のレモンとは、ちょっと違ってるのです。

何が違っているのかというと。。。。。

 

名前が赤ミニ レモンと言って、

レモンなのに果皮も果肉も、みかんのようなオレンジ色を

しているのです!     珍しいでしょ?

苗が少し大きくなったら、穂木を採って増やしていこうと

思っています。