手作り発芽玄米にチャレンジ

Pocket

今日は、先日のヨーグルトに続いて、発芽玄米に挑戦しました。
まずは洗った玄米1合を専用容器に入れます。

次にその容器に水を入れ、銅板を上に置きます。なんでもこの銅板
は腐敗防止のためだそうです。

プラスチックの蓋をして、機械にセットします。扉を閉じてスイッチ
オン! 12時間で出来上がりです。

これが、発芽前の普通の玄米です。

そんでもって、12時間後に機械から取り出した玄米です。

胚芽の所が膨らんで発芽しているのがわかりますか?
ここで、改めて発芽玄米とは。(日本発芽玄米協会HPより抜粋)
玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米です。発芽の際に眠っていた
酵素が活性化し、出芽のために必要な栄養を玄米の内部に増やしてい
きます。そのため、玄米よりも栄養価が高いのです。
発芽のメリット.
1. 栄養価がアップ
発芽玄米の栄養価の高さは、白米をはじめ、そば、うどんなど他の主食
に比べて群を抜いています。なかでも、ストレス軽減作用で知られる
ギャバは白米の約10倍も含まれています。
2.旨みがアップ
発芽玄米は甘み、旨みが豊富です。これは、発芽により酵素が活性化され
ることで、糖質が分解されて甘みが増すとともに、たんぱく質が分解され
て旨み成分であるアミノ酸が増えるためです。
3.食べやすさがアップ
発芽により糠がやわらかくなることで、玄米特有の「炊飯が面倒」「硬い」
というデメリットが解消され、白米と同様に炊くことができ、白米と変わら
ない食べやすさになります。
発芽玄米に含まれる主な栄養成分の働き
?ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)
血中コレステロール低下作用・抗肥満効果・血圧上昇抑制効果・アレルギ
ーの予防・アトピー性皮膚炎改善効果・精神安定作用・ストレス軽減
?ガンマ-オリザノール
皮膚の老化防止・皮膚の血液循環促進・自律神経失調症の緩和・更年期障
害やそれに伴う不定愁訴の緩和
?IP6
抗酸化作用・抗ガン作用
?食物繊維
腸内環境の調整・消化に関わる器官の運動の活発化・糖や脂質の消化吸収
の抑制・便秘の予防・高コレステロール血症の予防
?ビタミンB1
糖質の代謝促進・中枢神経、末梢神経の働きの正常化・脚気の予防・記憶力
低下の抑制
どうです。
2,000円弱の機械でヨーグルトに続いて発芽玄米も作れちゃうんですよ。
超お得な買い物でした。
こんどは、納豆作りにチャレンジしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA