魚のアラを入手しました。

Pocket

これ。なんだか判りますか?なんか気持ち悪い写真でしょ?

これは。。。。魚のアラなんですよ。
先日、村の長老が口利きしてくれて、島の漁業組合の加工場
から、魚のアラを分けて頂けることになったのです。
加工場にとっても、処分する手間が省けて喜んでくれています。
さて、この入手した魚のアラなのですが、どうするかといいますと
発酵させて、アミノ酸液にしたいのです。

現在は使用していない、防除用のタンクに魚のアラと黒砂糖を入れて
漬け込んでいます。
味噌や醤油のような良い匂いがしてくれば成功ですが、腐敗させたら
その臭いで大変なことになりそうです。(笑)
初めてやるので、どうなるかわかりませんが
できたアミノ酸液は、化成肥料に負けない即効性の肥料として使って
いきたいと考えています。
昔の“現代農業”の記事に、魚から作ったアミノ酸液を使ったら、
おいしいみかんが出来たと書いてありましたので、楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA