最強の害虫VS最強の肉食バッタ

Pocket

この綺麗な模様のカミキリムシ、幼虫の間、みかんの木の中でみかんの

木の内部をムシャムシャ食べて大きくなり、成虫になって外に出てきました。

成虫になって外に出てくると、今度はみかんの幹や枝の皮をムシャムシャ

食べるのです。白くなっている所が食べられた部分です。

ぐるっと一周食べられてしまうと、その枝は枯れてしまいます。

農薬を使わない柑橘農家が一番恐れる最強の害虫なのです。

就農間もない頃、上記本を買って読んでいて、とても

興味深い記事が載っていました。

有機農業をしているベテラン柑橘農家の人の話なの

ですが、隣の慣行栽培の畑にはカミキリムシがいる

のに、その人の畑にはカミキリムシがいないと言うのです。

何とも不思議な話ですが、毎年カミキリムシの被害を

受け続けているオイラはまだまだ修行が足りないんだな

ぁ~と反省しています。

先日、“カミキリムシはいねぇが~?”とナマハゲのような

形相で畑を見回っていると。。。。

地面に羽を広げた状態でカミキリムシがいたのです。

でもよく見ると上に何かが乗っています。

反対方向に回って見てみると、なんとバッタが上に

乗っかって、カミキリムシを食べているのです!!

えっ?バッタって草食じゃないの?

とお思いのあなた!

彼が知る人ぞ知る 最強の肉食バッタ!

その名も ヤブキリ” だったのです!

ベテラン有機農家の畑にカミキリムシが何故いないのか?

答えが見つかりました。

カマキリ”とこの“ヤブキリ”が天敵となり、カミキリムシ

を捕食してくれているのではないでしょうか?

そう信じたいです(笑)

草を生やして天敵の住みよい環境を整えることが

大切ですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA