極早生みかんの糖度が。。。。

Pocket

今年は8月の台風12号と9月の15号により、雨が例年になく大量に降ったため
8月まで順調に上がってきていた糖度が9月になって下がってしまったような
のです。
聞くところによると9月下旬で8度前後しかないとか。。。。
酸とのバランスになるのですが、9度半ば~10度は欲しいところです。
心配になって色づき始めた“極早生みかん”をいくつか持ち帰って糖度を
計ってみました。
少し小玉なのですが、なんと12度ありました。平均すると11度前後です。

大量の雨が降った後、あの手この手といろいろやった甲斐がありました。
このへんが腕の見せ所なんですよ!
え?何をやったのかって?
それは。。。。
ミカンの樹にお願いしたんです。“ミカンの実を甘くしておくれ”って。
まるで“奇跡のリンゴ”の木村秋則さんの世界ですね。(笑)
ところで、通の人はご存知かと思いますが、ミカンは小さい実ほど甘いって
知ってました?(同じ樹で比較した場合です。)
考えてみると当たり前の話なのですが、葉っぱで作られたブドウ糖は
枝になっている実にそれぞれ均等に配分されます。大きい実には大量に
小さい実には少しだけちゅう訳ではないんです。
そうなると小さい実の方が果汁に含まれるブドウ糖の比率が高くなりまよね?
だから小さい実のほうが美味しいです♪
くれぐれも見た目に惑わされて大きなミカンを選ばないように注意して下さいね。
極早生みかんは、果皮がとても薄くて中の房の皮も薄いので、とっても剥きやすくて、
食べやすいですよ。ただ病気になりやすいんです。今年もいろいろ対策をやったのですが、ソバカスがいっぱい付いちゃいました。(涙)
早く出荷したほうが高く販売できるので、皆さん青いうちに急いで出荷され
ますが、燦燦農園では味重視!美味しくなったものから販売して参りま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA