コロ君が。。。

Pocket

今年に入ってすぐですから、もう半年前になりますが、当園のアニマル社員1号の
“コロ君”7歳が急逝したのです。

昨年の11月頃から血尿が出るようになり、島の動物病院で診察してもらったところ、
“フィラリア”に侵されているとのことで、薬を飲んで血尿も治っていたのですが、
今年に入って間もなく、前日まで元気だったのに様態が急変しました。
急いで病院に連れて行きましたが、心臓内で繁殖していたフィラリアが移動して血管を塞いでしまって、ショック状態を起こしているとのことで、とても厳しい状態だと告げられました。
血管を広げる注射をしてもらい、家に戻りました。
日の当たる暖かい場所に毛布にくるんで寝かせて、僕らは昼食をとりに家に入り、食後に様子を見に行った時には既に事切れていました。
市が実施する狂犬病の注射は毎年打っていましたが、残念ながら“フィラリア”という病気は全く知らず、何の予防もしていませんでした。
蚊が媒介する病気ですから、屋外で飼う場合はフィラリアの予防接種は必須だと思います。
とても可愛がっていたので、寂しくなりました。
家の敷地内にお墓をつくって埋葬しました。
安らかに眠って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA