“ホスト”になります。

言うまでもありませんが、“ホスト”と言っても ホストクラブ

のホストではありません。

ところで、

WWOOF(ウーフ)と言う言葉、聞いたことありますか?

これは、

World Wide Opportunities on Organic Farmers の頭文字なのです。

直訳すると “世界に広がる有機農場での機会” っていう事です。

いったいなんじゃこりゃ? ですよね。

具体的に書くと

「旅人が、有機農業やオーガニック的な生き方を学ぶために、農家へ

行き、短期間、家族のようになって農家の手伝いをして、その代わりに

食事と寝る場所を提供してもらう、というお金のやり取りのない交換

の仕組み。そのことで、双方が会話や文化交流を楽しみ、自分自身を

向上させていく」

という仕組みなのです。

こう書くと、単に労働力と寝食の場所の交換のようですが、実際はとても

奥が深いのだそうです。

農家と旅人は技術を教え合ったり、生活の知恵を伝授したり、将来の夢を

語り合ったり、悩みを聞いたり励ましたりと、あらゆるところで限りない

交換をします。家族のようになって相手のことを考えながら、心と心を

交流していいきます。

WWOOFは、学習の場だったり、人と出会う場だったり、人生の中の寄り

道だったり、修行の場だったり、抜け道だったりする。日々の生活の中で

ほっとできる隠れ家のようだったりします。

WWOOFには二つのグループがあります。一つは有機農業を営む農家で

ホスト」と呼ばれます。

もう一つは旅人で「ウーファー」と呼ばれます。

旅人であるウーファーの7割は20代の若者で、日本でのウーファー

登録者の8割近くが外国人なのです。中でも、アメリカ、台湾、フラ

ンスが上位3か国なのです。

WWOOFと言うお金を介さない “あげる”そして“もらう” と言う仕組

みは、お互いが相手のことを考え、相手に何かしてあげようと考えます。

そのバランスを常に考えなければならなず、ある意味とても面倒くさい

仕組みです。

だからこそ、短い期間でもその贈与と言う感情が濃厚となり、相手との

つながりが固く感じられ、この新たに発生した他者とのつながりが幸せな

気分を自然に発生するのだとか。。。。

こちらの本に詳しく書かれています。

様々な準備が必要なので、まだまだ先の話なのですが、ホストに

なるために、英語の勉強を始めたのであります。

目的があると頑張れますね!

 

自然からの美味しい贈り物。


この時期、島の道を走っていると、あちこちに

薄オレンジ色の実をつけた木が目につきます。

これ、琵琶の木なのです。

私の畑にも何本か野生の琵琶の木があって、毎年

沢山の実をつけてくれます。

よく、畑作業の休憩の時に、この実を取ってきて

木陰で食べるのですが、甘くてとても美味しいです💛

ただ、摘果していないので、どれも小粒で食べる

ところがとても少ないのが、残念です。

なので、来年は蕾の時にしっかり摘蕾して大きな

果実を生らせて、自然からの恵みを堪能したいと

思っています。

もうすぐ10歳で~す♪

久しぶりの登場! チャボのピー助とピーちゃんです。

もうすぐ10歳になりま~す。

ニワトリって長生きなんですよね。2羽ともまだまだ

とても元気です。でも、若い頃は数多くの雌鶏と浮名

を流したピー助ですが、最近は見る影もなくピーちゃん

の尻に敷かれて、お散歩する時などは、彼女の後を

トボトボついて歩いています。

なんか人間とそっくりですね(笑)

総勢12羽になったピー助一家ですが、昨年悲しい

出来事がありました。

イタチがニワトリ小屋を襲撃し、7羽が死んでしまった

のです。

なので、5羽にまで減ってしまいました(涙)

現在は、ソフトバンクのお父さん似のマル君(3歳)

が、ニワトリ小屋の隣に引っ越してきて、ピー助一家

を守ってくれています。

大三島で高校生活を過ごしてみませんか?

こんなに美しい大三島で高校生活を過ごしてみませんか--。

Yahooニュースにこんな記事が出ていました。

都会の喧騒を離れ、自然豊かな大三島で、ゆったりのびのびとした学生生活

を送るのも良いかもしれませんよ!!

-----------------------------------

愛媛県今治市の島しょ部にある県立今治北高大三島分校(二神弘明分校長)は来春の入学から「全国募集」を掲げて県外からの生徒枠を増やし、6月9、10日に東京都内で初の学校説明会を開く。分校全体で取り組むマリンスポーツや地域活性化活動など「島だからこそ送れる楽しい高校生活」を生徒代表がアピールする。【松倉展人】

 同分校は生徒73人。一学年の定員は40人(普通科)だが、2年生28人、1年生15人と、ここ2年連続で入学生が30人を下回った。県教委の高校再編基準では「その後も増える見込みがない場合は募集停止」という厳しい状態を迎えている。募集人員中、県外からの入学者枠を従来の5%から、来春は15%程度まで増やすことに合わせ、魅力を全国に訴えることにした。

 都内での説明会は個別面談を含め、1回1時間半を予定。従来から「大三島魅力化プロジェクト」を提唱して分校生とともに古民家再生や大三島紹介パンフレットづくり、大山祇(おおやまづみ)神社の参道ガイドなど島の活性化活動を進める世界的建築家、伊東豊雄さんが率いる「伊東建築塾」(渋谷区恵比寿)で開く。

 分校の特色として▽マリンスポーツ▽地元の魚をさばく料理講習▽瀬戸内海の島しょ部の高校との交流活動▽少人数の強みを生かした学習・進路指導--などを動画とともに説明。地域の人たちに溶け込んで繰り広げる活性化活動では「いつかそれぞれの地元に帰ってもリーダーになれる生徒を育てます」と目標を掲げる。

 分校は2014年度から今治市教委の協力で給食があり、来春の入学生には地域住民の協力で食事付きの下宿も紹介することにしている。

 伊東建築塾と連携して島の活性化に当たる分校の「島デザイン部」部長、清水玲奈さん(17)と生徒会長の矢野翔(しょう)さん(17)の3年生2人が説明会に出席。清水さんは椅子を制作して熊本地震の被災地に贈った経験などから「思っていた以上に一人一人が活躍できる場所」、矢野さんは広島県内の島しょ部の高校生らと交流した思い出などから「全員が主役になれる学校」と訴えかける。

 分校はホームページなどで島の高校生活を全国に紹介するほか、8月3、4日にオープンキャンパスを行う。

分校ホームページ

畑で聴書しています♪

ラジオを聞きながら仕事をされている方が沢山いらっしゃると思います。

僕も就農当初はポケットラジオを胸に入れて、ラジオを聞きながら作業を

していました。

その後、MP3プレイヤーで音楽を聴くことが加わり、さらにスマホを

持つようになってからは、Podcastで番組を聴くことが増えてき

ました。

そして、最近では新たに“”聴書”が加わりました♪

読書じゃなくて聴書です。

つまり、ナレーターが本を朗読しているのをスマホで聴くのです。

もともと読書が大好きだったものですから、農作業中に本を聴くことが出来て

毎日が本当に楽しいです💛

最初に購入したのが、『嫌われる勇気』でした。哲人と青年との対話形式だった

ので、二人のナレーターの掛け合いが大変面白く、何度も何度も聴きました。

それ以来はまってしまい、気がつけば現在100冊以上のライブラリーとなって

います。

いろんなジャンルの本を聴きましたが、特に小説は効果音が入っているので、

ラジオドラマを聴いているようで特にお気に入りです。

本の朗読を提供しているサイトの主なものは、

amazonのaudible と  audiobook.jp  の2サイトあります。

アマゾンは月会費を支払うことでその間、何冊でも聴き放題になります。audiobook

の方は、聴き放題に加えて、個別にコンテンツを購入でき、ダウンロードできるので

僕はaudiobook.jpを利用しています。まだ普及期なので様々なキャンペーンを行って

いて、かなりお安く購入できるのが魅力的です。

通勤、通学の電車の中や車の中、はたまた何かの作業中に  “聴書” 

おすすめです!