日本の“未来の食卓”は大丈夫?

Pocket

「未来の食卓」のDVDが届いて、続けて3回観ました。
南フランスの自然豊かな田舎の村「バルジャック村」が舞台なのですが、
こんな美しい村が農薬や化学肥料などの化学物質による環境汚染に晒さ
れていて、癌などの病気を患っている人々が沢山いることにショックを
受けました。
そして何より一番汚染の影響を受けているのが、言うまでもありませんが
農薬を散布している農家自身であると言うことです。
防毒マスクをして重装備で、スピードスプレーヤーに乗って農薬を散布する
シーンが何度も映しだされます。
農薬の調合のたびに鼻血が出たり、農薬散布後に排尿困難になったりするのだ
そうです。
自分も就農1年目はマスクして農薬散布してましたが、よく体に湿疹が出ました。
食べ物を育てる現場がこんなことになっているのを身を持って知り、愕然と
しました。
映画の舞台はフランスですが、果たして日本は大丈夫なのでしょうか?
驚く無かれ日本ではフランスの5倍もの農薬が使われているのですから。。。。
下図をご覧ください。OECDの2011年度の報告書によると、農地面積
当たりの農薬の使用量は世界で日本が2位ってご存知でしたか?
2008年の調査までずっと日本が1位だったのですが、最近お隣の韓国に抜かれて
2位になったのです。
今でも日本の農薬使用量はOECD加盟国の平均の何と17倍なんです!
   国別1キロ平方メートル当たりの農薬使用量(トン)
“どう食べるかはどう生きるか”ということ。
私たちの“未来の食卓”が健全で豊かな食卓になり、誰もが健康で豊かな
生活を送れるような社会にしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA