今日もいただいています。

Pocket

毎日、紅茶にお世話になっていて、なんですが。。。
お茶の木って、可哀想だなぁ~って思うのです。
だってそうでしょ。
寒い冬を耐え、春が来たぁ!って芽を出すと摘まれちゃうんですよ。
それで、夏が来た!って芽を出すと今度はこの夏芽を摘まれちゃうんです。
そして、秋になって今年最後のチャンスだ!って秋芽を出すとまたまた
摘まれちゃうんです。

それが、毎年毎年繰り返される訳でしょ。“いいかげん成長させてくれ!”って
暴れたくなっちゃったりしないのでしょうか?
順番に3年に一度くらい花を咲かせて、実を結ばせてあげたら、また頑張れる
ような気がするのですけどね~。
お茶の木がいったいどんな気持ちでいるのか、わかりませんけど。
こんなこと言い出したら、可哀想な植物や動物ばかりなんです。
あらためて、私たちの食卓を彩る食材ひとつひひとつに感謝しなければ
いけませんね。
毎食時、ちゃんと手を合わせて“いただきます!”と心から言いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA