山奥の畑に彼女はやって来た!

昨日は人里離れた山奥にある畑で。みかんの果実に袋を

被せていました。

上ばかり見て作業をしていたので、気づかなかったのですが

ふと、足元を見たら。。。。ニワトリが座っていたんです!

飼えなくなって山に放たれたのか、逃げ出して来たのか。。。

犬や猫、イタチなど危険な動物が沢山いる中で、襲われずに

たくましく生き抜いています。エサは十分あるようで、体は

ふっくらしていました。

その日は終日、うちの畑にいました。

今日、畑に行ってみると、彼女の姿はもうありませんでした。

どこか新たな旅に出たようです。

飼われていた時と今の自由な時とどちらが幸せなのでしょうね?

 

 

 

 

ヒヨちゃん・チャピーが襲われた!!!

先日、朝起きた時に小屋の扉が開いていて、写真のリンリン一家が外に出て

いたのです。不思議に思ってよく見ると1羽足りません。

写真一番手前の“ヒヨちゃん”がいないのです。彼女は親が育児放棄をして育て

なかったので、大きくなるまで家で育てたので雌鶏の中では一番のお気に入り

の子なのです。

IMG_0882

よく一人離れて自転車の前カゴの中に座っていたり、ミカンを運ぶキャリーの

中に座っていたりすることがあるので、その内にひょっこり出てくるだろうと特に

気にしていなかったのですが、夕方になっても出て来なくて。。。。。。、

嫁さんと二人であちこち探したんですが、見つかりません。

日が暮れる前に、もう一度菜園の奥の方まで探しに行きました。

するとそこに、見慣れない茶色い野良猫がいたのです。

ひょっとして?こいつが?。。。。。って一瞬だけ思ったのですが、すぐにその思いは

消えて行きました。

その日の深夜、小屋の方でガタガタという音が聞こえたので、慌てて家を飛び出すと、

白くんの小屋から猫が逃げて行くのが見えました。と同時にチャピー(写真の薄茶の

女の子)が小屋から飛び出して来たんです。しばらくの間、羽をバタつかせながら、

もがき苦しんでいたのですが、僕は突然の事でどうすることも出来ず呆然と立ちす

くんでいました。

IMG_0961

嫁さんが出てきてチャピーをすぐに抱きかかえてみると、喉元を噛まれていて

瀕死の状態でした。すぐに家に連れて返って手当をしたのですが。。。

間もなく死んでしまいました。

夕方、猫を見た時にピンと来て、すぐに対策をとっていればチャピーを死なせずに

済んだのにと悔やみました。

恐らく前日の夜にヒヨちゃんもあの猫に襲われたのでしょう。

味をしめた猫は必ずまたやって来ると思ったので、その日から暫くの間、番犬マル

を鶏小屋の脇に常駐させています。

ショックでしばらく体調を崩してしまいました。

最近ペットとして猫がとても人気ですが、オイラは大大大っ嫌いです!!

新しいお嫁さんが来た!

若い雄に負けて家を追い出されてしまったシロ君の新しいお嫁さんが

決まりました!

何と。。。。。うちの雌の中で一番若い子です!!

うらやましい~

体の色が薄い茶色をしているので、“チャピー”って言います。

IMG_0962

お互いとても気に入っているようで、仲いいんですよ❤

シロ君は家を追い出されて嫁さんを取られて辛い思いをしたけど、結果

オーライだね。

 

男は強くなくては生きていけないwww

先日“シロ君”が、頭から血を流して逃げまわっていたので保護しました。

雌3羽と昨春産まれた雄の雛の計4羽のグループを率いていたのですが、

育ち盛りの雄の雛が強くなって下克上されてしまったのです。

悲しそうな顔してるでしょ。目が泣いています。

IMG_0875

勝った雄はご覧のように3羽の雌の新しい旦那になっています。

IMG_0882

仕方がないので、シロ君用の小屋を新たに作りました。

一人じゃ可哀想なので、これまで一緒に暮らしていた雌を一羽一緒に

したのですが、嫌がるんですよ。雌が。。。。

弱い男は嫌みたいです。他の雌も入れてみたのですが同じ反応なんです。

ちょっと前までとっても睦ましい仲だったのに。

厳しい世界です。

このまま一人では寂しいので今度、別のグループの雌とお見合いさせようと

計画中です。

 

ピー助ボスの座から失脚wwwww

何日か前からピー助の小屋で悲鳴が聞こえていたのです。

てっきり一番下の若い雌がいじめられているとばっかり思っていたのですが、

小屋をのぞいてビックリ!悲鳴の主はピー助だったのです!!!!

同居している次男に追いかけられ悲鳴をあげながら逃げ惑っていました。

急いで助けだして、家に連れて帰ってきました。

傷ついたピー助

かつてのボスの風格は消えてションボリしちゃっています。

小屋に戻すとまたやられちゃうので、新しい小屋を作るまでの間ここで

しばらく独居生活です。

私たち家族の一番のお気に入りのビッグダディーのピー助ですから、

逆に次男の方を隔離しようかとも考えたのですが、ここは公平に

負けたピー助を隔離することにしました。

隔離されたピー助

数日後、廃材を使って急ごしらえで新しい小屋を作りました。

誰と一緒にするかいろいろ考えたのですが、ピー助はもう6歳。鶏の寿命は

7年くらいだそうなので、もういい歳したお爺ちゃんです。

若い子はやめて、一緒に産まれたピーちゃんとのんびり暮らさせることにしました。

ピー助の新居

5年ぶりにピーちゃんと二人だけの生活です。なのに何故だかピーちゃんの態度が

素っ気ないのが気になりますが。。。。

二人とも若い子と一緒のほうが良かったかしらん?(笑)